購入後住むこともなく売却となってしまったマンション 稲城市大丸 マンション(3LDK)の不動産売却・買取り査定実績 |稲城市・川崎市多摩区・麻生区エリアの不動産売却・買取査定はセンチュリー21グローバルホーム

購入後住むこともなく売却となってしまったマンション

■物件概要
専有面積:63.27㎡
■エリア
稲城市大丸
■種別
マンション(3LDK)
■築年数
昭和54年1月築
■成約に至ったポイント
ご本人の病は回復の見込みがなくなったため購入したばかりのマンションをどうするかについて
弟様を含むご家族のご意向を取り纏め、早期に売却する事が得策との結論に至り、
結果的には弊社で買取をさせていただきました。
■成約までの期間
1ヵ月
■担当者からのコメント
  購入後住むこともなく売却となってしまったマンション  

今回の売却は少しレアケースなお話です。

弊社の仲介にてマンションをご購入いただき、引渡しを受けてすぐに
購入者様に病が発覚しすぐに入院されたのですが、回復が見込めなくなってしまいました。

弟さんが代理人となって買ったばかりのマンションをどうするかという相談に来られ
当初は買った金額で売れないか、少しでも高く売れないかというご希望もありましたが、
余命も短く、万一お亡くなりになったりするとその後の相続の問題が発生するなどを踏まえ
多少の売却損が出たとしても一刻も早く処分して欲しいという事になりました。

それであれば、とこれまでお手伝いさせていただいた弊社で買取金額を提示。
皆様ご納得いただき、弊社で買取をさせていただきました。 担当:今井秀樹


稲城市大丸で不動産売却をお考えの方、
60秒で査定額を算出できます。
お気軽にお問い合わせください。

他にも多くの売却を
お手伝いしております

sale result


売却実績をもっと見る

関連する不動産売却事例一覧