将来のマンション経営の不安を「家族信託」で解決|不動産相続相談事例 |稲城市・川崎市多摩区・麻生区エリアの不動産売却・買取査定はセンチュリー21グローバルホーム

TOPページ >
不動産相続の相談事例一覧 >
将来のマンション経営の不安を「家族信託」で解決

  • 将来のマンション経営の不安を「家族信託」で解決



    賃貸管理等でお世話になっているオーナー様よりご相談をいただいた事例です。

    オーナー様は市内に複数の賃貸マンションや駐車場をお持ちで、ご家族構成は
    専業主婦の奥様と長男・次男はサラリーマン、というご家族です。
    まだまだ元気とは言え年齢も70歳を超え、そろそろ真剣に相続対策をしていかなくてはなぁ・・・
    と思っている中、当社の相続対策セミナーにご参加いただき、
    その中でテーマであった「家族信託」の話に興味を持たれて、詳しく相談させてほしいとのことでした。

    賃貸経営はほとんどご主人一人で行っており、万が一認知症にでもなったらどうしようというのが第一声でした。
    奥様も年齢的に近く、また子供たちはお勤めもあり、何より賃貸経営の事など何も分かりません。
    そんな中で認知症にでもなって賃貸経営を維持できなくなったら・・・
    大家さんのイラスト
    そこで、家族全員に集まっていただき、オーナー様のご心配事や今後懸念されること、
    またオーナー様が将来どうしていきたいか等をお話しいただき、合わせて家族信託の説明を行いました。
    この家族信託は委託する側も受託する側も、もちろん家族全員にご理解いただくことが重要です。
    皆さん家族信託の仕組みをご理解いただき、また今後どうしていくかなど家族での考えもまとまり、
    委託者がオーナー様、受託者が長男様という家族信託を組成し、万が一があった場合は
    長男さんがオーナーの目的に沿って賃貸経営を行う事ができるようになりました。

    この信託により、将来への大きな不安の一つが解消できた、とオーナーはもちろん
    ご家族からも喜びの声をいただきました。


2024年春の住み替えフェア