不動産屋の気になるNEWS! 羽田の新たなランドマークがグランドオープン不動産屋の気になるNEWS! 羽田の新たなランドマークがグランドオープン | 稲城市・川崎市多摩区の不動産(新築一戸建て・中古一戸建て・土地・中古マンション)はセンチュリー21グローバルホーム


  • 不動産屋の気になるNEWS! 羽田の新たなランドマークがグランドオープン



       


    羽田イノベーションシティ全面開業
    日本初のスマートな街って!?




    羽田の新たなランドマークがグランドオープン
     
    2023年11月16日羽田空港に隣接する羽田空港跡地第1ゾーンに新たなランドマークとなる大型複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」が全面グランドオープンしました。この施設は京浜急行電鉄・東京モノレールの「天空橋駅」と直結して、オフィスやホテル、ショッピングやグルメ、またライブイベント等の体験ができる施設と共に先端医療研究センターやコンベンション施設も整備されていて、先端モビリティや健康医療、ロボティクスなど先端技術による未来の暮らし方への実証実験の取組みや、日本独自のカルチャーを体験する機会を通じて新たな交流とビジネスを創造する新たなスマートシティとして注目されています。
    敷地面積5.9ヘクタール、延床面積が13万平方メートルを超えるこの広大な街ではどのような体験ができるのでしょうか?見ていきましょう!




    羽田イノベーションシティのここがすごい!
     
     たくさんありすぎてすべての施設はご紹介できませんが、個人的にこれはスゴイ!と思った施設をいくつかご紹介させていただきます。
    ■最先端の技術を活用した自動運転バス
     街の中ではなんと自動運転バスが定期運航しています。1周約8分のルートで運航していて無料で利用できるそうです。また最新車両は2023年10月にナンバープレートを取得して、今後公道走行の実証実験を経て、将来的には羽田空港へのルートを結ぶ予定だそうです。

    ■AI_SCAPE(アイ_スコープ)
     日本で一番古いロボットメーカー「川崎重工」が手掛けた、なんとコックもウエイターもすべてがロボットという未来型ロボットレストランです。アプリから注文するとロボットが湯煎しトレーにセットし配膳するという簡単なレトルト調理ですが、将来は本格的な調理などもできるようになるのでしょうか?

    ■LUXURY FLIGHT
    戦闘機のフライトシミュレーターを3機導入した日本初の体験型施設です。初めてでも元戦闘機ファイター等が操縦方法のレクチャーをしてくれるそうです。3機同時で対戦もできるそうなので、これは是非ともやってみたいと思います。

    ■足湯スカイデッキ
     開放的な屋上には無料で入れる足湯デッキがあります。
    飛行機の離発着を間近に見ながら足湯に入れるなんていうのはこの場所しかないのではないでしょうか。
     またこのスペースは様々なイベントも開催され、音楽と足湯と景色を楽しむなんてこともできるそうです。
    また、日本文化を国内外に発信するために日本古来の和風庭園を模した植栽や四季折々の音を奏でる花燈籠なども設置して「和」テイストを楽しむ演出がされています。
     
     他にもたくさんの施設や最先端技術を発信する街として様々な工夫やモノ、またイベントなどが開催されていますので、機会があればぜひ行ってみてはいかがでしょうか。


    世界のトヨタが創るスマートシティも・・・

     トヨタも富士山のふもと静岡県裾野市に「Woven City(ウーブン・シティ)」を建設中です。東京ドーム15個分の広さで、ロボット・AI・自動運転・MaaSなどの最先端技術をリアルな生活環境の中に導入、検証する実験都市で実証実験の開始も間近に迫っているそうです。
    最初の住人は360人程度、将来的には2000人程度が暮らす街となるそうです。
    私は先端技術やテクノロジーに疎く、ピンとこないものも多いですが、今回のコラムをきっかけに色々と調べてみるとこれはスゴイ!とワクワクすることがたくさんありました。こういうことを考えて本当に実現していく人がいるという事も刺激になりますし、私自身も「住まい」を提供する人間としてもっと未来志向で、より快適に、よりスマートに生活できる空間や街づくりに貢献していかなくてはなぁと思いました。





この記事の執筆者

【テーマ】|
カレンダー
 << 2024年2月  

2024年春の住み替えフェア